「本」って、なんて安いのでしょう。どの本でも書いたりするだけでも大変なのに著者の知識を整理し提供する訳ですから本当に安すぎです!!


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?


名もなき勇者たちへ

名もなき勇者たちへ

著者: 落合信彦

おすすめ度: ★★★☆☆


名もなき勇者たちへ を紹介します。

著者:落合氏の作品を読んでいて、いつも感じるのは語学の必要性です。特に英語ですね。

著作の中でもカタカナにしてありますが英語表記で会話がなされている部分など
英語が分かる人とそうではない人では、面白味が半減していますね、きっと。

この作品も素直に楽しめる内容になっていますので、落合ファンだけなく
ちょっとしたスパイ小説などが好きな方にも十分に楽しんでいただけると思います。


<出版社/著者からの内容紹介>
国際政治工作の裏側の死闘…書き下ろし長編!最強の諜報機関モサドの女刺客カリプソ。
実在の女性エージェントがモデルのカリプソと、日本人の天才ヒットマン藤岡の数奇な
人生と出会い。二人を助け、テロの脅威、国家エゴと闘う無名の勇者たち!



▼ 【 落合信彦 】の最新10件
【お金を今よりも少だけ多く得たいと思いませんか】
読書を今よりも大量にするだけで月に2〜3万は軽く稼げる
アイデアが出てくると思います。これが主旨になります。

INPUTが少ないとどうしてもアイデア(OUTPUT)も
少ないのは当たり前ではないでしょうか。


「お金持ち」、みんな、なりたいですよね!


「別にお金持ちにならなくてもいいよ」って言う人も中にはいますが
でも、お金「無いよりあった方がいい」ですよね?


だから、現時点よりもお金をみんなが得たいと考えていると
思って話を続けますね


世の中には、「お金持ち」になる方法は掃いて捨てるほどあります。

お金持ちと結婚する

・事業、起業をする

・ジャンボ宝くじを買う

などなど・・・・


しかし、「お金持ち」に「なれる人」、「なれない人」がいるのはなぜなのか?

理由は、これまた星の数ほどあるでしょうけど

一つだけ「お金持ちになれない」理由を挙げろと言われたら

間違いなく、「読書量」の不足を挙げたいです。

これには大半の方々が異存は無いと思います。

中には、読書は当たり前のようにしている人もたくさんいるでしょう。

でも、「お金持ち」になっていないとすれば、それは・・・・

方向性が違うモノを読んでる



単純に消化しきれていない

だけです。

改善策は簡単です。


方向性を合わせて読書をする。

消化できるまで繰り返し読む。

これだけです。

長々となってしまいましたが、私の結論は、自分がどうなりたいのかを
考えてしっかり読書していきましょう!という事です。

本は安いものです。言いたいことなどは後回しにして
本屋さんやアマゾン、古本屋などで、まずは一冊、手に入れ
消化できるまで読み倒してください。
今、持っている本でもいいですよ、それを聞かれたら、
1秒以内に答えられるようになるまで読んでみてください。

そうなったら、すぐにお金が手に入るという保証はありませんが
少なくとも、そうなる前よりは確実に「お金持ち」に近づくはずです。

人生はお金だけではありませんが、読書によって教養を深め、知識を蓄え、
なおかつ、「お金持ち」になれたらいうことないと思いませんか?

私はそう思ってます。

「そうだと」、共感をいただける方、一緒に読書していきましょう!!



(PR)・スイス式アンチエイジング ・セラピスト講座 ・キャバ嬢が株

読書、すばらしき知識への追求Topへ