「本」って、なんて安いのでしょう。どの本でも書いたりするだけでも大変なのに著者の知識を整理し提供する訳ですから本当に安すぎです!!


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?


冒険者たち〈上〉野生の歌、 冒険者たち〈下〉愛と情熱のはてに

冒険者たち〈上〉野生の歌 、 冒険者たち〈下〉愛と情熱のはてに

ハロルド ロビンス (著)
Harold Robbins (原著)
落合 信彦 (翻訳)

おすすめ度: ★★★★★

文庫本ですが普通の文庫本の3倍の厚さがあります。

上・下巻なので、すごいページ数ですが、まったく気にならない程、
作品自体に引き込まれてしまいますので、「あっ!」と言う間に
読み終えてしまうでしょう。


読み終えての感想は、おもしろい!! の一言に尽きます。
しかも、ほぼ事実なので、ビックリです。

「生きるに価する人生とは、こんな人生をいうのではないか」

と、考えずにはおれませんでした。

※ちなみに、作品中の主人公は、ドミニカ共和国に
実在していた外交官:ポーフィリオ・ルビオサです。


そのおもしろい理由は、著者の文才と言いたいのですが、それだけでは
決してありません。(もちろん、著者がスバラシイのは当然ですが)
落合信彦氏が手がけた翻訳だからこそ著者・作品が持つ魅力を120%
引き出せているところも大きいといえるでしょう。


この「冒険者たち」は世界で、1千3百万部も売れた大ベストセラーです。
この数字だけでも「おもしい!」と証明できると思います。

原題は、「ジ・アドベンチャラーズ」。

今回紹介しておりますのは文庫版ですが、ハードカバーで売られたいた時の
題名は、「DAX(ダックス)」です。

なぜ、題名が違うのか?それにも理由があります。
ここではあえて申しません。
なぜなら、読んでいただいた時の楽しみに取ってありますので。


男性には是非、読んでほしいですね。
特に「熱くなれるものがない」と考えている方には。
何かが見つかるキッカケにはなると思いますよ。


▼ 【 落合信彦 】の最新10件
【お金を今よりも少だけ多く得たいと思いませんか】
読書を今よりも大量にするだけで月に2〜3万は軽く稼げる
アイデアが出てくると思います。これが主旨になります。

INPUTが少ないとどうしてもアイデア(OUTPUT)も
少ないのは当たり前ではないでしょうか。


「お金持ち」、みんな、なりたいですよね!


「別にお金持ちにならなくてもいいよ」って言う人も中にはいますが
でも、お金「無いよりあった方がいい」ですよね?


だから、現時点よりもお金をみんなが得たいと考えていると
思って話を続けますね


世の中には、「お金持ち」になる方法は掃いて捨てるほどあります。

お金持ちと結婚する

・事業、起業をする

・ジャンボ宝くじを買う

などなど・・・・


しかし、「お金持ち」に「なれる人」、「なれない人」がいるのはなぜなのか?

理由は、これまた星の数ほどあるでしょうけど

一つだけ「お金持ちになれない」理由を挙げろと言われたら

間違いなく、「読書量」の不足を挙げたいです。

これには大半の方々が異存は無いと思います。

中には、読書は当たり前のようにしている人もたくさんいるでしょう。

でも、「お金持ち」になっていないとすれば、それは・・・・

方向性が違うモノを読んでる



単純に消化しきれていない

だけです。

改善策は簡単です。


方向性を合わせて読書をする。

消化できるまで繰り返し読む。

これだけです。

長々となってしまいましたが、私の結論は、自分がどうなりたいのかを
考えてしっかり読書していきましょう!という事です。

本は安いものです。言いたいことなどは後回しにして
本屋さんやアマゾン、古本屋などで、まずは一冊、手に入れ
消化できるまで読み倒してください。
今、持っている本でもいいですよ、それを聞かれたら、
1秒以内に答えられるようになるまで読んでみてください。

そうなったら、すぐにお金が手に入るという保証はありませんが
少なくとも、そうなる前よりは確実に「お金持ち」に近づくはずです。

人生はお金だけではありませんが、読書によって教養を深め、知識を蓄え、
なおかつ、「お金持ち」になれたらいうことないと思いませんか?

私はそう思ってます。

「そうだと」、共感をいただける方、一緒に読書していきましょう!!



(PR)・スイス式アンチエイジング ・セラピスト講座 ・キャバ嬢が株

読書、すばらしき知識への追求Topへ