読書 すばらしき知識への追求TOP >  400落合信彦  >  冒険者たち〈上〉野生の歌、 冒険者たち〈下〉愛と情熱のはてに

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】


冒険者たち〈上〉野生の歌、 冒険者たち〈下〉愛と情熱のはてに

冒険者たち〈上〉野生の歌 、 冒険者たち〈下〉愛と情熱のはてに

ハロルド ロビンス (著)
Harold Robbins (原著)
落合 信彦 (翻訳)

おすすめ度: ★★★★★

文庫本ですが普通の文庫本の3倍の厚さがあります。

上・下巻なので、すごいページ数ですが、まったく気にならない程、
作品自体に引き込まれてしまいますので、「あっ!」と言う間に
読み終えてしまうでしょう。


読み終えての感想は、おもしろい!! の一言に尽きます。
しかも、ほぼ事実なので、ビックリです。

「生きるに価する人生とは、こんな人生をいうのではないか」

と、考えずにはおれませんでした。

※ちなみに、作品中の主人公は、ドミニカ共和国に
実在していた外交官:ポーフィリオ・ルビオサです。


そのおもしろい理由は、著者の文才と言いたいのですが、それだけでは
決してありません。(もちろん、著者がスバラシイのは当然ですが)
落合信彦氏が手がけた翻訳だからこそ著者・作品が持つ魅力を120%
引き出せているところも大きいといえるでしょう。


この「冒険者たち」は世界で、1千3百万部も売れた大ベストセラーです。
この数字だけでも「おもしい!」と証明できると思います。

原題は、「ジ・アドベンチャラーズ」。

今回紹介しておりますのは文庫版ですが、ハードカバーで売られたいた時の
題名は、「DAX(ダックス)」です。

なぜ、題名が違うのか?それにも理由があります。
ここではあえて申しません。
なぜなら、読んでいただいた時の楽しみに取ってありますので。


男性には是非、読んでほしいですね。
特に「熱くなれるものがない」と考えている方には。
何かが見つかるキッカケにはなると思いますよ。


| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

メニュー

サイト内検索

パーツ

  • SEOブログパーツ

seo great banner
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加