読書 すばらしき知識への追求TOP >  400落合信彦  >  モサド、その真実―世界最強のイスラエル諜報機関

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】


モサド、その真実―世界最強のイスラエル諜報機関

モサド、その真実―世界最強のイスラエル諜報機関

著者: 落合 信彦 

おすすめ度: ★★★★★

モサド、その真実  を紹介します。


モサドってご存知ですか?

本の題名にも記載されているようにイスラエルの諜報機関名です。

アメリカのCIA、旧ソ連のKGBといったようなイメージを
していただければ、とりあえずは問題ないです。

しかし、国の規模、予算といった点から比較すると遥かに
モサドの方が優秀と言えるのではないでしょうか。

古今東西、「情報」がもっとも重要でそれ以外は「飾り」と
いっても過言ではないのではないのでしょうか。

その「情報」を最高度の機密状態のままで入手し、政治・外交・国防に
おいてみごとに活用できている国がイスラエルです。

「情報」の鍵を握るのが モサド です。


考えてもみてください。

イスラエルという国は建国以来、周りを「敵」に囲まれて
しかも国土が広い訳でもないのに現在まで生き残っているのです。


この状態、どこかの国に酷似していると思いませんか?


そう!我国「日本」です。


「バカ旦那」を気取って借金まみれになって援助、借款ばかりして
いる時ではなく、本気で日本にも「諜報機関」とまではいかなくも
「情報」機関は必要でしょう。


この「モサド、その真実―世界最強のイスラエル諜報機関」を
読めば、その必要性も認識できます。


すくなくとも自国の民が「拉致」されているにも拘わらず、
「自分の息子、娘じゃないから」とばかりに無関心な対応を続けるような
失態は防げると思います。


| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

メニュー

サイト内検索

パーツ

  • SEOブログパーツ

seo great banner
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加