読書 すばらしき知識への追求TOP >  100おすすめな本  >  国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】


国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

佐藤 優 (著)


<出版社/著者からの内容紹介>

外務省、検察庁、永田町を震撼させる衝撃の告白手記!
外務省元主任分析官は、政治と外交の最前線で何を見たのか?
有能な外交官にして傑出した情報マン──。
国を愛し、国のために尽くしたにもかかわらず、すべてを奪われた男が、沈黙を破り、
「鈴木宗男事件」の真実と、「国策捜査」の実態を明らかにする。



目次

序章 「わが家」にて
第1章 逮捕前夜
第2章 田中真紀子と鈴木宗男の闘い
第3章 作られた疑惑
第4章 「国策捜査」開始
第5章 「時代のけじめ」としての「国策捜査」
第6章 獄中から保釈、そして裁判闘争へ



| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

メニュー

サイト内検索

パーツ

  • SEOブログパーツ

seo great banner
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加