天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】


自白の心理学

自白の心理学 岩波新書

浜田 寿美男 (著)


<出版社/著者からの内容紹介>

身に覚えのない犯罪を自白する.そんなことはありうるのだろうか? 
心理学の立場から冤罪事件に関わってきた著者が,甲山事件,仁保事件など,
自白が大きな争点になった事件の取調べ過程を細かに分析し,「自分に不利なうそ」を
つくに至る心のメカニズムを検証する.

目次

序 自白と冤罪(冤罪は遠い世界の話ではない冤罪のひろがり ほか)
第1章 なぜ不利なうそをつくのか(宇和島事件と自白うそを引き寄せる磁場 ほか)
第2章 うそに落ちていく心理(甲山事件の出発点自白へ向かって ほか)
第3章 犯行ストーリーを展開していく心理(仁保事件録音テープと事件 ほか)
第4章 自白調



| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

メニュー

サイト内検索

パーツ

  • SEOブログパーツ

seo great banner
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加