天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】


恐怖の存在 (上)

恐怖の存在 (上) ハヤカワ・ノヴェルズ
マイクル・クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)



誰もが認めるテクノスリラーの巨匠、マイクル・クライトンの最高傑作。

ご多分にもれず、この作品も、読み出したら止まらないサスペンス、最先端のテクノロジー、
驚異的なリサーチと、クライトンらしい作品だ。『State of Fear』では、興奮のサスペンスと、
現代社会における情報操作に関する示唆に富んだ論評がみごとに融合している。
パリの街路から南極大陸の氷河、エキゾチックだけれども危険なソロモン諸島と、読者は
ジェットコースター並みのスリリングな旅に連れ出される。その間、脳のギアは始終トップに
入りっぱなしだろう



| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

メニュー

サイト内検索

パーツ

  • SEOブログパーツ

seo great banner
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加